2009年10月11日

ドコモ2.0(docomo2.0)について

昨日の日経新聞で新聞の両面広告にでっかく

docomo2.0

と書かれていましたが、

一体、このドコモ2.0(docomo2.0)って何ぞや?

ニュースの記事を見たとこと、

会社的には、Web2.0にあやかってドコモ2.0(docomo2.0)とのことですが、
はっきりいって今、ネットの世界では、Web3.0が囁かれている時代です。

携帯電話の世界とはいえ

今頃、Docomo2.0なんて・・・

この、Docomo2.0を掲げた新ドコモがテレビCMを超豪華キャストにて繰り広げています。

携帯電話業界に逆襲をかけるとのことですね。

5月から怒涛のCMラッシュです。

Web2.0って概念だからいまいち一般人が理解するのに時間がかかっちゃったんだけど、

携帯電話の業界でも

今回のドコモ2.0(docomo2.0)も恐らくキーワード先行で、

実際のサービスなど本当のところは、伝わりにくいものになるんではないでしょうかね。

このサイトでは、携帯業界に逆襲!ドコモの掲げたドコモ2.0(docomo2.0)の

詳細についてドコモ2.0(docomo2.0)の発表をもとに見ていきたいと思います。



■NTTdocomo(NTTドコモ)

携帯電話契約数が約5,262万契約で、国内の携帯電話市場における市場占有率が約54.4%で1位(2007年3月末現在)。また、国内の携帯電話市場における第3世代携帯電話契約数が約3,552万契約で1位(2007年3月末現在)。10円メールや1999年2月に開始したiモード(元とらばーゆの松永真理がPTメンバーの一人として手がけ成功したと言われている)サービスが爆発的ヒットとなり、ますます市場占有率を高めた。W-CDMA方式・HSDPA方式の第3世代・第3.5世代携帯電話「FOMA」と、PDC方式の第2世代携帯電話「mova」をサービスしている。キャッチコピーは、「もっともっと、いいケータイへ。」

iモード普及時期、悪意を持ったコンテンツ事業者がアトランダムに「携帯電話番号@docomo.ne.jp」というメールアドレスを生成し、iモード宛にメールを送る事により、自社のサイトをアピールする一般的に「迷惑メール」と言われるメールが誕生した。(当時の初期iモードメールアドレスは「携帯電話番号@docomo.ne.jp」であった。現在は「ランダムな文字列@docomo.ne.jp」に変更)受信者にメール受信料金の金銭負担がかかる「迷惑メール」は社会的に大きな問題になった。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by docomo2.0 at 14:40 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。